法令を探す

法令の参照方法

勉強するにあたり

法学部などに入り、法の道を進もうとしている学生の皆さんは、まずは様々な本を教科書として、法令について学んでいくことになります。現在、たくさんの専門書が世の中には出回っています。司法試験の合格のためには、司法試験を中心とした内容になっている本や、法令の内容が噛み砕いてあるものから、深く専門的なことにまで及ぶものまで様々ありますが、そのなかでも、これから法律の勉強を始めるにあたって理解しやすい内容であったり、現在すでに知識を持っている人が更に勉強を深めたい際に、整理されていて読みやすくなっているもの、最低限知っておく必要のある内容が載っているようなものを体系書と呼びます。

体系書では、基本的に学説・判例において法令の解釈の一致がおこなわれていない、つまり論点をすべて集め、それらについての学説や判例の整理がされています。しかし、体系書を読む際、そのなかに引用されている法令を見て、その論点を学説を読み、理解する、という流れが必要になりますが、体系書の中に条文がすべて記載されているわけではないことがほとんどです。つまり、引用もとの法令は自分で探さなければなりません。
そうした場合に、どうやって探していくのがよいのかについて学んでいきましょう。






what's new

2012/12/26
探すを更新
2012/12/26
制定機関を更新
2012/12/26
引用の見方を更新
2012/12/26
すべてのルールを更新
2012/12/26
法令を探すを更新
2012/12/26
ホームページリニューアル